交通事故に関する慰謝料とは

事故交通事故の被害に遭ってしまった時には、怪我の治療をまずは最優先に行うことが必要です。しかしそれと同時にその被害に対応する慰謝料の請求についても交渉を進めていく必要があります。慰謝料の請求については弁護士に相談するのが非常に効果的です。交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼しようかどうか迷うことがあれば迷わず弁護士に相談する方が慰謝料や損害賠償金の増額を期待することができます。

交通事故で支払われる慰謝料としては、損害慰謝料、死亡慰謝料の三つに分類することができます。損害慰謝料とは入院や通院にかかる費用を請求することのできる慰謝料のことです。これらの費用は基本的に病院に通った期間に応じて計算されることになり、自賠責保険の場合は1日あたり4200円と定められています。任意で加入している保険の場合は特にこうした明確な金額が定められているわけではありませんが、自賠責保険に習い1日あたり4200円というのが一つの基準となることは少なくありません。後遺障害慰謝料は交通事故が原因で何らかの後遺障害が認められる場合に請求することのできる慰謝料となります。明確に後遺障害と認定されない限りは受け取ることができません。後遺障害とは様々な後遺症に明確な等級付けを行ったものです。将来的に回復が見込めない状態であることや医学的にも明確に後遺症が認められることなどが条件として挙げられます。そして死亡慰謝料とは交通事故が原因で死亡してしまった場合に扶養家族などに支払われる慰謝料のことです。事件の悪質性なども加味されながら金額は検討されることになります。