弁護士特約のメリット

弁護士に依頼する際には弁護士へ支払うための費用が発生してます。しかしもしも自分の保険の特約に弁護士特約というものが付いているとすると、実質無料で弁護士への相談を行うことができます。弁護士特約は月々の支払い額をするほどを変えることなくつけることができる特約となります。事故にあった時しか使わないからという理由でそれを外すのは少しもったいないかもしれません。万が一に備えて弁護士特約がついているかどうか一度自分の保険内容を見直してみると良いでしょう。

パソコンまたどのような弁護士を選ぶかも重要です。弁護士や弁護士事務所にはそれぞれ得意とする法律の分野があります。交通事故に関する様々な案件に強い弁護士事務所を探すと良いでしょう。ネットなどで検索すると交通事故に関係する裁判に強い弁護士事務所を簡単に見つけることができます。後はそれぞれの口コミなどの評価を見つつ親身になって相談に乗ってくれる弁護士事務所を見つけましょう。こうした弁護士を選ぶ作業は少し面倒かもしれませんが、最初の段階で焦らずに良い弁護士に相談できれば、その後の手続きがとてもスムーズにいくでしょう。また、弁護士事務所によって着手金の有無や、報酬の計算方法などが異なります。できるだけ成功報酬に重きを置く弁護士に依頼するとよいでしょう。


慰謝料をスムーズに請求するために

弁護士こうした様々なタイプの慰謝料をスムーズに請求し受け取るために弁護士に相談することは非常に有効です。弁護士に相談したからといって適正を外れた高額な慰謝料を請求できるというわけではなく、むしろ適正な金額を請求することが可能になると考えた方が良いでしょう。なぜなら慰謝料を支払う相手方の保険会社は、出来る限り安い金額で示談を成立させようとするからです。保険会社とはいえ利益を追求する企業ですので、被害者の言われた通りに慰謝料を支払っていたのでは成り立ちません。しかしながら適正な慰謝料を支払ってもらうことは被害者にとって当然の権利ですし、それを可能にするのは弁護士に交通事故相談することが近道と言えるのです。

さらに多くの人は保険についてそれほど詳しい知識を持っているわけではありません。保険会社と示談について交渉を進めるにあたり多くのストレスを感じる方も少なくないでしょう。弁護士に依頼することによってそうした交渉に関する様々な手続きや、実際の交渉を代行してくれることになりますので心理的なストレスもかなりの程度軽減することができるでしょう。こうしたストレスを軽減できることは慰謝料を増額することよりも多くのメリットを生活に生み出すことができるはずです。続いては、弁護士特約のメリットについて説明します。


交通事故に関する慰謝料とは

事故交通事故の被害に遭ってしまった時には、怪我の治療をまずは最優先に行うことが必要です。しかしそれと同時にその被害に対応する慰謝料の請求についても交渉を進めていく必要があります。慰謝料の請求については弁護士に相談するのが非常に効果的です。交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼しようかどうか迷うことがあれば迷わず弁護士に相談する方が慰謝料や損害賠償金の増額を期待することができます。

交通事故で支払われる慰謝料としては、損害慰謝料、死亡慰謝料の三つに分類することができます。損害慰謝料とは入院や通院にかかる費用を請求することのできる慰謝料のことです。これらの費用は基本的に病院に通った期間に応じて計算されることになり、自賠責保険の場合は1日あたり4200円と定められています。任意で加入している保険の場合は特にこうした明確な金額が定められているわけではありませんが、自賠責保険に習い1日あたり4200円というのが一つの基準となることは少なくありません。後遺障害慰謝料は交通事故が原因で何らかの後遺障害が認められる場合に請求することのできる慰謝料となります。明確に後遺障害と認定されない限りは受け取ることができません。後遺障害とは様々な後遺症に明確な等級付けを行ったものです。将来的に回復が見込めない状態であることや医学的にも明確に後遺症が認められることなどが条件として挙げられます。そして死亡慰謝料とは交通事故が原因で死亡してしまった場合に扶養家族などに支払われる慰謝料のことです。事件の悪質性なども加味されながら金額は検討されることになります。